犬を訓練すると言う事


犬は、東アジア圏において、愛玩動物として飼育されていた歴史が最も古く、およそ1万5000年前には、犬の先祖であるオオカミが、人間の手によって飼われていたことが判明しています。

ペットの多様化に伴い、鳥類や爬虫類、昆虫などといった様々な動物がペットショップで販売されている現代でも、犬はその忠誠心の高さや、見た目の可愛らしさから、根強い人気を誇っており、大型犬よりも室内で飼いやすい、サイズの小さな小型犬が、多くの犬好きの方の間で支持を得ています。 特に都心部では土地が少なく、従来のように庭で犬を飼うということが難しかったり、庭があって、無駄吠えなどの問題行動が原因となり、近所からのクレームを考えて室外で飼えないことも多くなっており、そうした問題行動を改善するための、犬のしつけを徹底的に行うことのできるドッグスクールやしつけ教室が注目を集めています。

無駄吠えや散歩時の暴走、逃亡、威嚇、噛む、飛びかかる、興奮しやすい、トイレをどこでもするなどの問題行動をする犬の場合、飼い主との主従関係の誤認、しつけ方法や普段の生活環境などが影響していることも多く、根本的な解決が必要です。

犬は元来、集団の中での関係性を強く意識する動物であり、ドッグスクールやしつけ教室といった施設で、ドッグトレーナーの指導を受けるだけで、状況が改善されるということはありません。 ドッグスクールでは、ドッグトレーナーに従順な態度を見せる犬の場合でも、家に帰れば、以前と同様に、威嚇や無駄吠えなどの問題行動をおこすというケースも多々あります。 そのため、きっちりとしたしつけをするには、正しいトレーニングを行う中で、ドッグトレーナーと共に犬と飼い主の間に、しっかりとした主従関係を築くことが第一歩となります。

飼い主が家で出来るトレーニングの一つとして、代表的なものに、ハウストレーニングがあります。 ハウストレーニングとは、ゲージやクレートなどを使って、人工的に囲ったスペースの中に犬を入れ、自身の寝床であることを教え込むトレーニングのことを言います。 このトレーニングの利点としては、クレートやゲージに普段から慣れておくことで、来客時などの、犬を室内で放しておけない状況下でも、ハウスの中で、 大人しく待つことができるようになる他、ペットホテルやペットと同伴が可能な宿泊施設などの犬をゲージに入れる必要がある環境にも対応でき、専用の寝床があることで、 犬自身に安心感を与えることが可能となるため、来客の際に鳴らされるインターホンに対して無駄吠えする犬やソファ、ベッドといった家具を寝床として、 自身以外は近づけないように威嚇を行う犬の場合には、効果てきめんです。

調教と聞くと、どうしてもネガティブなイメージを持たれる方がいらっしゃいますが、犬や飼い主双方にとって、互いが快適に過ごすために重要なものでもあります。 子育て同様、可愛いペットのためにも、時には、心を鬼にして接することが大事です。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by The dog school. Proudly created with Wix.com

  • Instagram Social Icon
Instagramにて写真公開中