© 2023 by The dog school. Proudly created with Wix.com

  • Instagram Social Icon
Instagramにて写真公開中
Please reload

最新記事

子犬からのしつけポイント

September 15, 2016

1/1
Please reload

特集記事

犬のしつけ教室と飼い主と訓練と

June 22, 2017

 

犬はペットの域をこえて家族と考える人は多く、つい子どものように感じて甘やかしてしまいがちです。
しかし、犬はしつけをしなければ、自分本位に行動をしてしまい手がつけられなくなることがあります。
そうなると犬にとっても可哀そうなことになり、社会性を身に着けることができなければ、問題行動を起こしやすくなって、家族以外の人と接することができなかったり、危害を加えてしまう可能性があります。

 

また、トイレトレーニングもしつけの一環ですから、トイレを決まったところで行うことによって、より家族の一員として快適に過ごせるようになります。
そのため、犬には適度なしつけを行う必要があります。
自宅でしつけを行うこともできますが、犬にはそれぞれ違った性格がありますから、しつけをしやすい犬としにくい犬があります。
飼い主がしつけの方法を誤ってしまうと、犬はしつけをされているのではなく、遊んでいるのだと思い込んでしまいます。
そこで自宅で犬のしつけをするのが難しいと感じた場合は、訓練所やしつけ教室に行く方法があります。

 

ドッグスクールでは、犬をドッグスクールに完全に預けて訓練する方法の場合はプロの訓練士が犬の服従心を持たせるようにします。
訓練所では、子犬から預けることによって、しつけが身に付きやすいと考えられているので、生後数か月から半年までに預けられることが多いです。
犬が飼い主の事を忘れないようにするため、定期的に面会をすることになります。
プロの訓練士が行うので、しっかり調教することが可能になり、犬はかなり高度な知識を身に着けて、マナーも学ぶことができます。

 

一方でしつけ教室は、犬と飼い主が一緒になって行う方法で、犬にしつけをするだけでなく、飼い主が犬にしつけを行う方法や犬が社会性を身に着ける方法を学ぶことができます。
トイレを決められた場所で行ったり、食事をするときに待つことをおぼせさせるなど家でできるしつけが中心になります。
しつけ教室の場合は、訓練士が個人宅まできて出張訓練をしてくれることもありますし、一時預かりをして飼い主と離れてしつけを学ぶ方法もあります。
犬によっては飼い主と離れることによってストレスを感じてしまうことがありますから、犬の性格に応じてしつけ教室に参加することが大切です。

 

ドッグスクールは犬だけが学ぶものですが、しつけ教室は飼い主と一緒になって訓練を受けることになるので、犬もリラックスした状態で学ぶことができます。
しつけ教室は広い公園などでも行われることがあり、そんなときは他の犬を連れた飼い主も参加しますから、犬同士で交流を深めることもできますし、飼い主たちは情報交換をすることができます。

 

犬も人間と同じように社会性が必要で、社会に参加することで可愛がられるだけでなくマナーを学ぶことができます。
マナーを身に着けた犬は、問題行動を起こしたり人に危害を加えたりする心配がありませんから、家族だけでなく多くの人に愛される存在になることができます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square