犬の訓練は出張と預かりのどちらがいいの?


犬のしつけは基本的に自宅で躾けると言う形で飼い主が行うのですが、中には問題行動があるためなかなか飼い主の言う事を聞かない・躾ができないという場合もあります。

そのような場合におすすめされているのがドッグスクールでの犬のしつけで、専門のトレーナーにお願いすることになるので効率的にしつけをする事ができるほか・飼い主にもどのようにしつけをすれば良いのかアドバイスをもらえるのでどちらにとってもメリットのあるサービスとなっています。

ドッグスクールでのしつけの種類としてはしつけ教室や預かりサービスなどの犬を預けてたり飼い主と一緒に通うことでしつけをしてもらうと言うスタイルや、出張サービスのように自宅で躾けているのと同じ環境でしつけをしてもらえるスタイルの2種類があります。

基本的にはどちらも同じように犬をしつける事ができるのですが、どちらが良いのか分からないという飼い主も多いようです。

実際に犬の訓練は出張と預かりのどちらが良いのかというと、犬の問題行動の種類やサイズに合わせて選ぶ事がオススメされています。

例えば出張サービスなど自宅で躾けるのと同じスタイルでのしつけがオススメされているのは、来客時の無駄吠えやかみつきなどの自宅でしか問題行動を起こさないと言うタイプです。

と言うのもこのタイプの場合は飼い主を守る・テリトリーを守るという意識から問題行動を起こしているため、預かりサービスでトレーニングをしても問題を起こさないと言う事がほとんどです。

そのためトレーニングをしても自宅に戻ってしまうと繰り返してしまうため、訓練士が自宅へ訪問し、同じ環境でしつけを行う事が望ましいとされています。

室内で飼われる事が多い小型犬なども出張サービスによる訓練士が自宅に訪問し、躾ける方が向いているとされています。

では預かりサービスによるトレーニングにはどのようなタイプがオススメされているのかと言うと、怖がりで社会化不足であるタイプや留守番がちなタイプなど室内に閉じこもりがちなタイプが挙げられています。

元々犬は群れで生活をしていた動物であり、社会性を持っていることが基本とされています。

ですが室内に閉じこもっていたり他の動物を怖がってしまうと言う場合はトレーニングをするとしても自宅などの慣れている環境では効果がないですし、飼い主が側にいる環境と言うのは結果が出にくいとされています。

そのためこれらのタイプに行うトレーニングの場合はほかの動物と触れ合わせることで社会性を学ばせると言う事が重要になっているので、仲間と触れ合う事ができる預かりサービスの方が効果が高くなっています。

なので中型や大型犬なども、こちらで訓練をする事がオススメされる事が多いようです。

宇治市では現在様々なドッグスクールが人気を集めており、しつけ教室も幅広く提供されているので犬のしつけで悩んでいると言う人はまずは相談してみる事から初めてみるというのもひとつの手です。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by The dog school. Proudly created with Wix.com

  • Instagram Social Icon
Instagramにて写真公開中