© 2023 by The dog school. Proudly created with Wix.com

  • Instagram Social Icon
Instagramにて写真公開中
Please reload

最新記事

子犬からのしつけポイント

September 15, 2016

1/1
Please reload

特集記事

子犬からのしつけポイント

September 15, 2016

 

 

 この記事をご覧になっているあなたは、愛犬のしつけにお困りになった経験はございますか?

 

犬を飼う場合に「しつけ」はとても重要です。
愛犬が可愛いからといって甘やかせてしまうと、わがままに育ってしまいます。

 

わがままに育った結果、家に遊びに来た人に対して無駄吠えをしたり噛みついたり、犬同士の喧嘩に巻き込まれたり、拾い食べなどをしてしまうことによって、大切な愛犬が危機に陥ってしまうことも予想されます。

 

また、成犬になるとしつけが更に困難となるため、子犬の時からしっかりとしつけることをおすすめします。

もし、子犬からのしつけにお困りであれば、下記の5つのポイントを参考にしつけを試してみてはいかがでしょうか。


【ポイント1:「叱る」ことも大事ですが、まずは「褒める」ようにしましょう】
犬は人間と同様にとても賢い動物だと言われています。
叱られてばかりの犬は、ストレスを感じて無駄吠えをしたり、毛づくろいの際に一か所だけを舐め続けたりといった問題行動を起こしてしまいがちです。

ちゃんと飼い主様の言うことを聞いた愛犬に対しては、褒める言葉だけでなく、おやつなどのご褒美も与えてあげれば、「言うことを聞けば、ご褒美がもらえる」と理解し、良好な関係が築けるでしょう。


【ポイント2:環境に慣れさせるようにしましょう】
愛犬が我が家にやってきたときには、急に知らない人に囲まれてしまい緊張してしまうかも知れません。

緊張によるストレスでしつけが上手くいかないケースもございますので、環境に慣れさせるためには、愛犬にとって巣に相当するハウス(ケージ)選び、及び、ハウストレーニングが重要です。

ハウストレーニングとは、ハウス(ケージ)に入るトレーニングのことですが、これまでに犬を飼ったことがなく訓練や調教が不安だという方は、一時預かりや出張で訓練を行うドッグスクール、しつけ教室のサービスもございますので、ご利用を検討してみてはいかがでしょうか。


【ポイント3:体罰は厳禁です】
もし愛犬が問題行動を起こしたとしても、決して体罰はしないようにしましょう。

体罰で言うことを聞くようになったとしても、逆に体罰をしない人の言うことを聞かなくなってしまったり、人間に対して必要以上に恐怖心を持ってしまったりするため、心を開いた関係が築けなくなってしまいます。

叱ることはしつけにとって重要ですが、大切な愛犬に手を上げることがないように、愛情を持って接してあげることが更に重要です。


【ポイント4:正しい順位付けをしましょう】
犬はもともと群れの中で生きる動物です。
そのため、飼われている家族を群れとみなして行動をします。

一般的には力の強い飼い主を群れのトップとして認識するため、厳しいお父様が飼い主だった場合はお父様の言うことはよく聞いても、お子様の言うことを聞かなくなるというケースなどが見受けられます。

また、犬が家族の中で一番偉いと認識してしまった場合は、無駄吠えや噛みつきなどの問題行動が増えるため、注意が必要です。


【ポイント5:愛情を持ってしつけましょう】
しつけには根気強さが必要になったり、時には厳しく接しなければならない時もありますが、愛犬に対する愛情が何よりも大切です。

犬のしつけには様々な方法がありますが、まず最初に飼い主の愛情と信頼関係がなければ成立しないため、深い愛情を持って接するように心掛けましょう。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square